« 文化文明はどうやって伝承されるか | トップページ | 共有 »

2024年2月 2日 (金)

親から子へ、子から孫へ

タケちゃん、僕がここにいることを知っている。

そして、横浜本店に浮気して惚れ込んじゃうんじゃないかと心配している。

幸か不幸か、横浜本店はさほど魅力的じゃなかった。

お茶はご馳走になりましたが。

サービスもタケちゃんのところと同じようにレクチャーを受けられるようでしたが・・・・

タケちゃんとのお付き合いももう1年以上になった。

タケちゃんは 僕がPCに何を求めているか知っているし、どんなデータを持っているかとか、ノウハウを持っているかも良く知っている。

ある意味、todoさ の「PC魂」を一番知っているのは、最初のデジタル担当M女史の次が タケちゃんだろう。

逆に見ると、todoさ はもう20年近く デポと付き合ってデポの魂みたいなものを知っているつもりだ。

そして、進化しつつあるデポを 新しい若い人たちから学んで、新しい魂を知ろうとしている。

タケちゃんは、まだデポ人として若いし、いつまで続くかも分からない。

デポ魂の中心的存在がノジマ社長なのか、現場の若い人たちなのかも分からない。

でも、言えることは、タケちゃんが心配。

これ以上、todoさ と関わると、会社辞めちゃうんじゃないかと。

だから 正直絡みたくなくなってきた。

タケちゃんは優秀である。

身体が弱いことを除けば・・・(笑)

 

追記 

「もしもし?」

デポ:こちらデジタル担当**が承ります。

「あ~ プレミアム会員 代官の todo であるが、即刻、電話口にタケちゃんを出してくれたまえ。」

デポ:申し分け御座いません、タケは体調不良で本日は ありゃりゃ??

「どうなっているんじゃ? 先ほど本人から伝言があったようだが?」

デポ:申し分けゴジャリマシェン。直ちに確認いたします。

   todoさは知っている。デポにはスーパーネットワークで使用スペース、使用スタッフが各端末で即座に認識され 店舗スタッフの稼働状況が確認出来るようになっていることを。

「確認も何も、目の前の端末で一目瞭然であろう? 直ちにタケちゃんを出しなさい。」

デポ:それがその、タケは本日お休みを頂いておりまして ありゃりゃ?? todoさまは 午後2時から5時までのワークスペースのご利用となっておりますが・・・

「そんじゃなにか? 小生に伝言を寄越したのはタケちゃんの怨念かの?」

デポ:いえそんなことは御座いません

「一体全体どうなっているのか? ま、スペースが予約どおり確保されていることは有り難いが、じゃレクチャーをしてくれるのは誰なんじゃ?タケちゃんの連絡はそのことでは無いのか? はっきりせい!」

デポ:あわあわ・・少々お待ち下さい(どうやら電話の向こう店舗内では、無線が飛び交って犯人探しをしている様子)

「もう良い、こう毎回だと呆れてものが言えんわ。まだ、予定の時間まで間があるので、分かったらまたそやつに連絡させい。タケちゃんは休みであれば大事にするよう しかと頼むぞ さらばじゃ」

実は todoさはケチってスマホに留守録機能をつけていない。

だから、こんな面倒臭いこともあるが、クソ営業電話に付き合っている間もないので 敢えてつけていないのである。

着信は確かに、デポ店舗のプレミアム会員様専用回線からかかっており、その主が直ちに判明しないということだった。

しかし、間もなく、犯人が分かることになる。

デポ:もしもし 大プレミアム会員 大統領 大僧正閣下の todo 様のお電話でよろしゅう御座いましょうや? こちらデポデジタル担当××Pで御座いますが 良ろしかったでしょうか?

   最近変な日本語が、若者の間に広まっていて気になっているが、ここは押さえて

「お~ 待っておったぞ お!!若手バリバリのPさんじゃないか!どした?ん?」

デポ:大変ご迷惑をおかけ致しました。電話をしたのは私です。申し分け御座いません。

「お~そうだったのか。かまわん かまわん して用件は? タケちゃんさんが体調不良で今日はレクチャーができんという話はもう聴いておるぞ」

デポ:電話はその件で御座いました。そこで、私の独断と偏見でその時間帯に空いている 僕が いや 私が、お付き合いをさせて頂くというのは如何で御座いましょう?

    若い割りに日本語が正確。

「そうか、そういうことだったのか で、店舗のスタッフには相談していたのか?」

デポ:いえしていなかったです。

「じゃ 端末への入力は?」

デポ:してません

あ~だから話がおかしくなったのね・・・だいぶ todoさ もガスが抜けてきました。

« 文化文明はどうやって伝承されるか | トップページ | 共有 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文化文明はどうやって伝承されるか | トップページ | 共有 »