« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月

2024年1月31日 (水)

文化文明はどうやって伝承されるか

少し整理すると、魂って、そこにあるモノでなくて、そこに見出すものなんですね。

ラップトップパソコンがそこにあったら、考えるのではなくて感じるのです。

色、姿、形、臭・・・五感で膨大な情報量が入ってきているのですが、それをあなたは意識していないだけの話で、見えないものすら見えてしまう人もいます。
 魂は人それぞれ違うものを見ているのですが、そこに「あるもの」から無意識のうちに想起されているものが、五感で認識された上で概念としてつまるところ「魂」として「認識されたもの」になる。

文化の伝承も同じことなんです。

基本的に、断たれた文化は二度と復活できない。

大陸では、昔から 文字通り 根絶やしにしました。

赤ん坊すら残らず殺した。

赤ん坊の姿に 逆襲の姿を見たんでしょうね。

逆襲の魂です。ま、それは極端な例としても、とにかく一人生き残れば、その人間が、殺された一族の化身となって復讐をしてくるに違いないと。

その人間「あるもの」が全くそんなつもりがなくとも、逆襲を怖れる人から見た「認識されたもの」つまり「魂」が恐怖の対象となるのです。

「もの」はさまざまな魂から出来ています。見る人それぞれからそれぞれ違った「魂」に見えるのです。

 

 

 

2024年1月29日 (月)

todoさ は悟っちゃった。

ま、いろいろなテーマを掲げてきましたが、結局、PCデポとの出会いと K氏との食事、そして岩佐流位のリグ・ヴェーダとの出会い、そしてレヴィ=ストロースの「野生の思考」の話で今まで考えてきた疑問が氷解しました。

まず、真っ正面から解決された「魂」について。

PCにも「魂」が宿ります。

Img_3856

魂とか霊魂とかって何だと思います?

それはね、todoさ はもうじきいなくなるかもしれないので耳をかっぽじって聴いてね。

todoさは ずっと考えていた。20年前ウェブサイトを立ち上げる以前から、ずっと考えていたんです。

見えない霊魂ってこわいなぁ。

もの凄いこわいなぁ。

動物って、哺乳類なんかは特に親から多くを学びますよね。

生まれたばかりの赤ちゃんから、全身で自分の環境を勉強していますよね。

実はそれどころか胎内で多くを学んで生まれてくるんです。

これがもの凄い情報量なんです。心音、血流の音、消化器官の音、声、呼吸の音、十月十日で受精卵から、胎児になると何億もの細胞に分裂して、脳みそが中枢のように考えられてきましたが・・・記憶は全身にあります。

そして、分娩されて、外界に出る。

僕は当初、やはり母からの情報が一番多いと考えていたんですが、これが必ずしもそうではないらしい。

極端に言うと、母親の情報ってのはもう胎児にいたときに学べるものを学び尽くしている。

リグ・ヴェーダによっても、男性からの情報量が圧倒的に多くなるらしい。

レヴィ=ストロースからも、家族の中での情報の多くがその後の性の役割の認識をもたらすらしい。

ここあたりで言っているのは、「情報」とは 分解してわかりやすく言うと、

反射の元になる 「経験」と言えるでしょうね。

経験が反射を学習する。

心理学の方ならすぐ分かっちゃうかも知れないですが。

今でも、二進数のパソコンでこれだけのことが出来ていることはわからんでしょう?

それは、膨大な情報の上に組み上げられたプログラムですからねぇ。

さて、日が暮れてきたので、端折って書きますが、赤子の脳みそに刻み込まれた人たちが、実は、魂と呼べるものなんです。

人格ってなにで構成されていると思いますか?

実は、かかわりのあった人たちの影響で構成されているといってもよいかもしれません。

つまり、家族に始まって親族などなど

多くの魂に よって構成されているんですね。

これを、仏教などではご霊団ともいうようですが。

そうです。守護霊だとかと言ったりすることもありますね。

問題は、何が赤ん坊の成長で与えられるか、ということです。

分かりやすいのは、おじいさまとの関係かな。

大体無償の愛ですからおじいさまの人間性は、保護してくれる安心、与えてくれるうれしさ、微笑むととっても可愛いがってくれる心地よさ。

「じじ」?  「ぼう」!の心地よさ。

たばこの臭い ばばとのけんか 、恐怖。

膨大なという意味が分からなければ、赤ちゃんが3歳になるまでの成長で、眼、耳、鼻、舌、身体、心

で感じるもの、経験を書き出してみればよい。AIを作ってあらゆるデータを自分で入力すると思って・・・

人となれば、おじさま、おばさま、まで入ってきて、魂がたくさん刷り込まれている。

記憶の彼方に埋め込まれている血族などの触れ合いの経験。

現在、自分がここにあるというとは、どれだけ多くの魂に触れてきているか。

自分の家族を語るだけでも、多くの魂が存在するでしょう?

父母 その親族、もうこれだけで数えきれない魂が存在する。

で、なんでじゃあ無機物のパソコンに魂が宿るか?

簡単に言うと、あなたは パソコンを見たときに何を想起しますか?

難しそう、面白そう、やってみたい、触ってみたい、色がきれい、重そう、?

しかし、人によっては メーカー、性能、作った人の工夫、苦労まで思いを致す人もあるかもしれません。

ほうら、やっぱりパソコンにも、メーカーや技術者や、部品メーカー、ソフトベンダーなどなど 多くの魂を見出すことができるのです。

作った人の思い、売る人、諸々の人たちの手がかかっています。ハーモニーがなければ動きようもないでしょう。

平面的に見てもこれだけの魂が出てくるのですから、ご先祖様を考えれば空恐ろしいことになります。

今自分があることが、どれだけ有り難いことか。

話が少しだけそれましたが、魂は結局大本から派生して、あらゆるものに宿っていますよ。

 

で、もう一つ ずっと疑問だったこと。習慣 文化 文明などはどうやって伝承されるのか。

あのですね、「伝承」と訳せるかもしれませんが、ずっと、特にニホンザルの群れを見てきました。

ここへこもるまで、岩佐流位の本を用意していたんですが、忘れたようです。(´;ω;`)

特に引用したかったのは、「男系」へ考察です。

「男系女性天皇の正当性と女系天皇」での岩佐流位の考察は注目に値します。

様々な思想を検討しながら、3500年前バラモンの法典 に至る壮大なドラマです。

レヴィストロースがやはり先住民たちの家族関係にそれを見出しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2024年1月28日 (日)

今日は結局近くのデポへ

結局のところ 横浜本店へお邪魔した。

当初の位置から二度位置が変わっていたので、たどり着けず、電話を掛けた。

すると、横浜本店はゲートタワーの一階になっていた。プレミアム会員「認識番号9****893」と告げると即、端末で確認をしてくれ、対応はすこぶるよかった。

デポ:此度のお越しは遠路はるばる誠に恐縮でございます。どうか、おかけになって旅のお疲れを癒して下さりませ。

todoさ「うむ。さようか、では、有難く席につかせて頂くとしよう」

デポ:何もございませんが、暖かきお茶などは如何でちょう

うむ、通いの店と同様なサービスがあるようですな、では、コーヒーをホットで所望いたす。

デポ:え?コーヒーはないのでちゅ(^^)/

え、あ、そ、では茶を頂くとしよう。ところで早速だが、出先での通信環境が悪くて困っている。テザリングをバリバリ使いたいのだが、サポートレクチャーはできるかな。

 すでにおいらの契約状況の一覧表が手元に置かれている。さすがにこうゆうところは洗練されていて、こ わ い。

デポ:もちろんでございまちゅ 登録されているデバイスはiPhoneとらぷとっぷパソコンでございますね。

では 今日は持ってこなかったので また改めて連絡するからよろしく頼むぞよ。

デポ:しかとこころえましてございます。ただわたくしめは毎日はおりませんので他のスタッフに申し付けていただければ幸いでございまちゅ。

 

 

語尾が怖くなって早々に退散した。なんですかねぇ??

 

2024年1月21日 (日)

低調期に入ってしまいました。

Img_3827

今週中に港湾地区のビル高層階に引きこもることにしました。

ヒッキーの期間はおよそ20日間。近くにマック、イタ飯、和食レストラン・・・その他食事には困りません。

できることなら一気にウェブサイトを更新したいと思います。

デポも近くにあります。

レクチャーも可能でしょう。

まずは電話で問い合わせてみましょう。

さてと、いつも港湾ヒッキーは、夏前後と決めているのですが、今回は、大寒を過ぎたとはいえ、まだ冬の真っただ中。

面倒くさいのは、着るものです。

ヒッキーしているだけならば、空調は効いているしTシャツに短パンでもよさそうですが、出ないとつまり 逍遥 しないと発想が豊かになりません。友人は「文学散歩だな」なんて冷やかしますが、こもっていると下手をすれば寝たきりになりかねない。(笑)

20分も歩けばデポにも行けるし、時間を無駄にすまい。

港を一時間ばかり歩き 戻って PC  に向かう。

歩けば直ぐ温まるでしょうが、着るものの調整は面倒くさいなぁ。

そうだ! 襟巻を有効に使おう!

温まってきたら外してカバンに入れよう。

寒くなったら巻けばよい。

まさかパンダの被り物を被るわけにゆかないので・・襟巻だな。

決まり。

冒頭、低調期と書きましたが、意欲が湧いてきたなぁ。

ヘッドフォン・・・どうするか。

こいつはイヤホンが無難だな。

ヘッドフォンは楽しもうと思ったらどうしても音漏れがする。

イヤホンで我慢しよう。なまじヘッドフォンで小さくしていると欲求不満になりそう。

 

自宅のPCスピーカーまた買っちゃった。今度は CREATIVE pebble 完全有線で文句なし。

やはりパッシブラジエター付きだが、はなからそういう設計なので音は小音でも分解能がそれなり。

V2との違いが気になったが、たんなるUSBの形状だけみたい。

光ったり、Bluetoothの必要なんて僕には全く関係ない。

先日も某JBLのエンジニアと話す機会があったが、売る方としては売れるから売っているけれども、無線を使うなんて音を再現するシステムじゃないということで・・・・むにゃむにゃ。

早い話、「悪貨は良貨を駆逐する」ということ。

いや良いんですよ。

みんなが楽しんでいれば。

しかし、todoさ は嫌じゃ!

「ただ、絡んだりするのが嫌でBluetoothアイテムをご利用の皆さん、皆さんは 裸の王様です。」

あれ 結構記事書く意欲があるなぁ。

低調期?

本当?

 

2024年1月11日 (木)

レッツノートフリーズデポ24時間サポート

Img_3806

Windows11 右下のタスクトレイにアップデートのアナウンスが出ていたので開始したところ・・・・固まりまして12時間が経過しました。写真の状態から一向に動いている様子がないのです。アクセスランプもつかない。

電源を切るなというのが、鉄則。

困った todoさ はPCデポプレミアム会員の24時間サポートを思い出しました。

パナソニックのサポート電話もあります。

あわてず騒がず午前5時半、今日出先で使いたいので24時間サポートに電話することにしました。

怖いのは女房。朝っぱらからうるさいと叱られそう(^^;

暖房もマットしかない部屋でパンダの着ぐるみの頭をかぶって、ダウンを着込み家内が起きる時間を待っています。

(笑)

PCデポ プレミアム会員の24時間サポートは実に役に立ちます。

今まで、時間に関係なく対応してくれて、夜中、早朝関係なく復旧することができています。

さてと時間になりました。午前6時前。

この時間ならば大丈夫。

(笑)

<結果発表!!>

現在通常に使用できています!

指示されたことは、

①電源ボタンを10秒以上長押し

え?電源落として大丈夫なんですか?

(デポ: ほかに方法がありません。大丈夫です)

➁通常起動操作

これだけ。たったこれだけ(^^;

あとは通常にお使いいただいて大丈夫です。きっぱり(^^)/

とのこと。あんぐり。

ま、結果オーライということで。

デポ24時間サポート有効(^^)/

2024年1月 3日 (水)

正月三ケ日の無駄な過ごし方(^^;

Img_3776

PCデポは2日から営業?

僕は元旦はあれ~記憶なし(??)

起きていたことは間違いないがお節や雑煮食べたことは覚えているが、パソコンもろくにいじらず・・・・

寝た?

正月二日 朝からほぼふて寝していました。午後3時まで。

寒くて何もする気が起きず、布団に入って飯だけ起きて本も読まず、句作もせずそんな風に君の周りで僕の一日が過ぎてゆく。

何か聞いたことがあるなぁ。

小椋佳でした。

ダメ出しはしたくないのですが、デポなんかヘンダーソン空軍基地。

先日 デポのプレミアム会員のレクチャーを頼んで予約していた。

 

レクチャー予約日に担当さんが休んだ。

体調が悪いのはしょうがない。

プレミアム会員である僕の担当 タケちゃん 最近体調が悪い、休むことたびたび。

タケちゃんの代打は 若い人が代わってくれる。

それも仕方ないとしましょう。

しかし、店舗へ行くまで担当様がお休みなのを一切知らせないとは何事?

もっと言えば、一生懸命にやっている担当が朝不調と分かったら、開店と同時刻にその日の代打の決定と連絡があってしかるべきでしょ。

体調崩しているタケちゃん浮かばれない。

そうなんですよ。

次にレクチャーするときに todoさ はバカ者だから 何の罪もないタケちゃんを怒るわけですよ。

 「なんだ先日の対応は!? レクチャーを休むのだったらプレミアム会員様にあらかじめ連絡するのが当たり前じゃないか!」

店舗に着いてから知らされて、代打のアナウンスもなかった。

 todoさ は怒った。

 「あのね、レストランで食事予約していて 楽しみに行ったら 体調不良のためシェフがお休みで今日は料理ができません。代わりもいません。

ていうレストランがあるか? 」

タケちゃん: ハイ申し訳ございませんでした。当日朝いちばんでわたくしは 店舗責任者へ体調不良のため休みます。きょうは**様のレクチャーの予定があるのですが と報告してあったのですが・・・

「うるさい!! 店舗に着くまで何の連絡もなく、卓に案内もされず 今日は担当は休みですなんて ふざけてんだろ」

タケちゃん: へへ~~~お代官様 お許し下さいませ

「やかましい!! お前は店舗へ連絡したとか 言い訳を言っているが そんなことはそっちの都合だ。」

タケちゃん: いえわたくしは

「え~いうるさい。責任者呼んで来い!! このバカタケが!」

興奮すると止まらなくなる労咳は怒りまくっている。

タケちゃん: それが・・・・

「いいから プレミアム会員様をバカにした責任者出てこい!!!」

タケちゃん: それが・・・責任者は 私なんです。

「うるへ~ バカたれが! 店長 店長はおらぬか!!」

タケちゃん: それが 店長は責任者ではなく 出てきません。店長に責任はなくて 私が責任者なんです。

「へ? 今なんて言った?」

タケちゃん: 新しい社風を創らんと 恐れ多くも御社長のご意向で若手社員の意見反映を尊重し 職階制を排除して それぞれが責任者なんです。

「へ? おのれ妖怪! 化けの皮がはがれたな!! 今 自分とこの社長を尊重して言ったな 愚か者!」

「そこへなおれ! 役に立たない名ばかり店長ともども 手打ちに致す!!」

タケちゃん: あ~れ~!!

「何を目標に 左様なたわけたシステムを・・・・それとも何か 俺様だけ このような扱いをして他のプレミアム会員様はキチンと責任をもってやっていると言うのか?! それこそ人をバカにしている。さいぜんも申した通り 客が来てからレストランは料理が出来んと言い 魚屋が魚が釣れなかったと言い 八百屋が野菜が取れなかったと言い・・・そのうえ代わりが御座いませんと言うか!!あほ!」

「電気のなかった時代ならば使いを出して、本日は申し訳ございませんがと 予め詫びを入れ、ましてや携帯電話がある現代において電話一本で済むであろう!!」

タケちゃん: それがその。。。

「バカにするのもほどがある!! もう来ないで欲しいと言うのであれば、そう言え!!」

「金返せ バカ!!」

 

これは本当に冗談では済まない問題なんじゃないかと僕は思っています。

もし心あるならば、共にデジタル時代を寄り添って歩く若手社員を見守って欲しいとおっしゃっているならば、爺どもは離れていくのではなく、叱咤激励すべきと思います。商売としても成り立たせるためとおっしゃるならば、一流の連係プレーを見たいと思います。

タケちゃんは 僕が見ても実に自分の長所を生かし、前向きに顧客を増やす デジタルデバイドを減らそうと意欲的に取り組んでいると思います。僕のような客が迷惑だと言うのであれば、僕はウェブサイトでも謳って来たデポの素晴らしさと決別してもいい。

DLP 頑張ってください。

店舗駐車場には高級車が並びサブスクをバンバン利用するお客様を増やしてください。

でも、僕はデポが好きなんです。

画像の炎はそんな僕の思いです。

2024年1月 1日 (月)

明けましておめでとうございます。

令和6年元旦

 

50461304_1999292040150773_70716615955746

例年 楽しみだったデポの初売りが・・・・なくなりました。

いつも列をなしてファンが並んでいたが。

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »